新茶の時期はいつ頃?飲み頃の季節は春だけではない?

日本茶の新茶の時期について書いてみました。

大まかに春先だなぁというのは、夏も近づく八十八夜~♪という茶摘みの歌でもおなじみなわけですが、実はあまり知られていない新茶の飲み頃の時期についても触れているので参考になればお思います。

Sponsored Links

新茶の時期はいつごろ?

まず、一般的には5月頃が新茶の時期ですが厳密に言うと各お茶の産地によって差があります。

各産地ごとの新茶の時期

※早い順に並べています。

産地 新茶の時期 お茶メモ
鹿児島県 3月下旬~4月中旬 知覧茶(ちらんちゃ)が有名
宮崎県 4月中旬~5月上旬
福岡県 4月中旬~5月上旬 八女茶(やめちゃ)等
京都府 4月下旬 宇治茶(うじちゃ)等
三重県 4月中旬~5月上旬
静岡県 4月中旬~5月中旬 日本一のお茶の産地
埼玉県 5月上旬~5月下旬 狭山茶(さやまちゃ)

 
日本各地のお茶の産地で南の暖かいところから先に茶摘みされていきます。

※3月下旬の鹿児島の種子島が日本で一番早い新茶としては有名です。

  • 一番茶(新茶)…~5月下旬
  • 二番茶…6月上旬~7月上旬
  • 三番茶…7月上旬~8月中旬
  • 四番茶…8月中旬~9月下旬

また新茶は一番茶ともいい、それ以外の時期に摘んで店頭に並ぶお茶を↑のような呼び方で呼んでいます。

新茶の特徴

↑で挙げているような、新茶(一番茶)と他の二番茶等の時期が異なるお茶っ葉との違いは苦みの少なさと甘さです(甘み成分のテアニンが二番茶や三番茶よりも多く、カフェインの量はあまり変わらない)。

その為、お茶の入れ方などは少し工夫が必要になってきます(熱湯が熱すぎると渋みが出やすい)。↓の記事を参考にしてみてください。

新茶の入れ方|簡単においしくデキル甘い新茶を味わう方法

細かく言いだせば、地域やその年の品種の具合によって品種を単品種にしたり、ブレンドしたりすると新茶の風味などは変わりますが、根本的に甘さは共通している部分です。

Sponsored Links

新茶の時期は限定の食べ物やお菓子が多くなる?

またこういった新茶の時期には、新茶の葉特有の葉の柔らかさや、甘みを利用した食べ物やお菓子などが期間限定で出たりもします。

特に新茶は先程も言ったように、甘み成分が他の時期のお茶っ葉に比べて多いため、新茶を使ったお菓子は春のゴールデンウィークの時期限定と謳って売られているものも多いですよね。

こういったお菓子で有名なのは、私の地元の京都宇治にある伊藤久右衛門さん等ですね。


宇治抹茶だいふく6個入抹茶スイーツ 和菓子 お菓子 お取り寄せ お土産に 手土産 伊藤久右衛門

売れるからかなのか、新茶の時期に限らず緑茶(日本茶)系のお菓子のラインナップがすごいです汗。

新茶を天ぷら?

また緑茶の日本一の産地静岡では、新茶の葉であればてんぷらにして食べたりするなどしています。

特に新茶の葉が柔らかいから、出来ることだなぁと思います。

新茶の飲み頃の時期は春だけではない?

また何度も言ってるように新茶自体は5月ごろに時期を迎えるのですが、実は秋冬でも新茶は飲めます(5月の新茶の時期に買ったお茶を飲むとかではなく)。

厳密にいうと、新茶を寝かせ熟成させたお茶っ葉も秋冬の時期には売られており、蔵出し茶という名前で売られています。


冬季限定「冬茶物語」2箱入

蔵出し茶とは?
春に収穫した新茶を低温貯蔵し熟成させたお茶っ葉のこと。寝かせることにより旨みが増します。後熟(こうじゅく)とも言う。

どういった蔵出し茶でも共通するのは、新茶が持っている青臭さや角が取れた味わいで非常にまろやかです。品種によっては花の香りのするようなものもあります。熟成させているため、少し値段は高めです。

少し高いけどおすすめの蔵出し茶

そして個人的にここ数年はこういった蔵出し茶で気になっているのが、宮崎県のお茶屋さん新緑園さんが毎年秋に出している「秋のお茶」です。

100gで¥1,000位です。こういった専門店のお茶の割にはそこまで高くないかなぁと思います。

※この新緑園さんの宮崎煎茶が全日空(ANA)国際線ファーストクラスの機内緑茶として採用されています。

結局、秋ごろになると毎年新緑園さんの秋のお茶の存在を忘れていて、売り切れた時期に思いだすことを繰り返しています汗。

新緑園オンラインショップ

もし秋ごろに覚えていたら↑のオンライショップから購入ができるので、気になる方は覚えておいたほうがいいですね。

まとめ

  • 新茶の時期はゴールデンウィークの5月頃、一番早い種子島産の新茶は4月上旬には飲める
  • 新茶の葉っぱでしか味わえないお菓子や料理などもあり
  • 新茶の葉を寝かせた秋冬に飲める蔵出し茶はさらに違った味わい

ちなみに私の実家は京都なのですが、ちょうどゴールデンウィークの時期にお茶摘みで大学生が宇治方面にアルバイト行くのは京都あるあるです。

京都だとほとんどがゴールデンウィーク時期に新茶の葉っぱを摘み取るので、今はそんなに高額なアルバイトではないそうですが、私が学生の頃に聞いた話で一カ月手伝うだけで、30万ぐらいは貰えたそうです(どこまで本当かどうか分かりませんが)。

Sponsored Links

この記事と合わせてよく読まれている記事(広告を含む)

このページの先頭へ