革靴の寿命は何年?靴の製法で違う?

革靴の寿命って何年ぐらい持つのか?

アッパーソール(表革)やアウトソール(靴底)の素材や、その革靴の履き方によって寿命は千差万別ですが、革靴の製法等によってアウトソールの張替えが何度もでき半永久的に履くことのできるものもあります。

なので、今回は革靴の寿命を製法の違いによってどの位持つのか?等について書いてみました。

Sponsored Links

革靴の寿命は何年?靴の製法で変わる寿命

革靴の寿命は、靴の製法によって耐用年数はまず変わってきます。

どういった製法の靴でもその靴を週2回程度履くのであれば、よっぽど摺り足で歩くなど、内股歩行等で歩かない限り、非常に幅広いのですが、ひとまずは1年~3年が靴の寿命になります(もちろん表革・靴底の素材によっても寿命は様々です)。

靴の製法で変わる革靴の寿命

仮に1~3年履いて靴底に穴が空いてきた…みたいになったときには靴の製法によっては、靴底の張替え(オールソール)が出来るので、実質はもう少し寿命は長いです。

↓の大きく3種類の製法に分類されます。

  • グッドイヤーウェルテッド製法…1~3回張替えができる(実質の寿命は3年~9年)
  • マッケイ製法…0~1回張替えができる(実質の寿命は3年~6年)
  • セメント製法…張替えができない

ちなみにリーガルのグッドイヤー製法は、ネットショップでの購入時にオールソールは1回までという記載があったりします(現場の方に聞くと、リブの状態によっては2~3回はできるようです)。

ただグッドイヤー製法やマッケイ製法を知って好んで履いている人は、大体数十足もそういった高級靴を持っているので、多分週1で履くような人は少ないと思います(1足月に1~3回程度等)。

なので、ほぼ何十年も半永久的に履いている人が多いのが実情です。

雨の日の靴メンズの選び方-ポイントは靴底と3種類の製法!

靴の製法の見分け方については、↑の記事の「靴の製法の具体的な見分け方はある?」で詳しく書いています。

Sponsored Links

革靴の寿命を延ばしたいなら2か所に気を付けろ!?

またどういった製法の革靴を履いたとしても、なるべくなら長持ちさせたいですよね。

革靴の寿命を延ばすと言うほどではありませんが、私の場合、基本的に以下の2つを気をつけています。

  • 小指付近の革のケア
  • 靴底までクリームを塗る

小指付近の革のケア

まずは小指付近の革です。

特に高級靴の場合、タイトフィッティングで数年程度履いていると、小指の付け根付近の革が裂けてきたり、穴が空いたりします。

革靴のサイドライニングの場所

そういった裂けや穴を防ぐために、靴修理屋さんでサイドライニングをつけたりする人もいます(大体¥1,000程度でできます)。


【即納】 靴ずれ 防止 パッド かかと テープ/天然ラテック/化学合成素材不使用/自然なソフト/耐久性/柔軟性

私はやりませんが(そもそもタイトに履かない)、↑の靴擦れ防止パッドをハサミで小指の形状に合うように切り、サイドライニングとして両面テープで留めている人もいます(靴修理屋さんでも接着剤でサイドライニングは留めているようです)。

靴底までクリームを塗る

そして次に靴底がレザーソールの方限定ですが、靴底にもクリームをしっかりと塗ることです。

靴底にクリームを塗ることで、返りが良くなり、擦り減りが少なくて済みます。

個人的に5万円未満のレザーソール(靴底)は要注意?

今までの経験ですが、あんまり具体的にブランド名を挙げるのは気が引けますが、ローク等の大体5万未満の海外製ブランド(日本ブランドも含め)の靴は、卸したての靴底の擦り減りは非常に早いです。


Crockett & Jones Handgrade Belgrave Black:クロケット&ジョーンズ ハンドグレード ベルグレイブ(ブラック)

アッパーソールにはそれなりの皮を使っていますが、靴底のレザーソールには十分に鞣されていない革が多く、エドワードグリーンやクロケットアンドジョーンズの価格帯の革靴に比べると靴底の擦り減りは早く感じます。

もちろんグッドイヤーの性質上、履き始めの靴底の返りが硬いことも影響して摺り足気味になったりなどで、靴底が擦り減るということもあると思います。

グッドイヤーに限らず、クリームを塗ることで返りが良くなるので、マッケイ製法などの靴でも非常に効果がある方法だと思います。

Sponsored Links

革靴の寿命は履き始めのつま先が肝心?

ちなみに靴底の履き始めの返りの関連で話をすると、一番最初に擦り減りのダメージを受ける箇所がつま先の部分です。


SCOTCH GRAIN スコッチグレイン ストレートチップ オデッサ 916 BLACK【送料無料】【コンビニ受取対応商品】【smtb-k】【w3】

↑スコッチグレインの少し高価なモデルだとトップゴムレザーソールというように初めの仕様でつま先にゴムが入っていますが、普通の革靴には最初から入っていません。

つま先の擦り減りのせいで張替えができない?

グッドイヤー製法の靴だと、このつま先部分の擦り減りが出し縫いするための縫い代(コバ)部分まで到達してしまうと、最悪張替えができなくなってしまいます。

マッケイ・セメント製法なら必要ないですが、もしグッドイヤー製法の靴を買ったばかりだ!という方は早めにつま先は補強しておいたほうがいいかもしれません。

個人的には、ビンテージスチールはカチカチ金属音がなるので、オフィスではかなりうるさいと思います。ゴムがおすすめですね。

まとめ

  • 革靴の寿命は週2回程度履くなら1年~3年程度
  • グッドイヤー製法の革靴なら半永久的な寿命
  • 革靴の寿命を延ばすなら小指付近・靴底にクリーム・つま先のケアは忘れずに

革靴の寿命の判断としては、靴底に穴が空く以外なら、セメント製法なら臭いがきつくて脱臭炭を入れても取れない時は寿命ですね涙。

グッドイヤーやマッケイなら、雨上がりの翌日に濡れた地面を踏んだ時にインソールに水が浸みこむのが早い時が張替え時かなぁと思います(そういった場合は靴底の中央が穴が空く寸前だったりしします)。

Sponsored Links

この記事と合わせてよく読まれている記事(広告を含む)

このページの先頭へ