クールビズで長袖ワイシャツ着るなら軽さとスリムを意識すべし!?

クールビズの時期でも長袖のワイシャツ(yシャツ)を着なくてはいけない職業や職種の方は多いですよね。

日差しのキツイ日に長袖ワイシャツは非常に過酷です..ただある程度どういった長袖ワイシャツを選ぶかで、多少暑さは軽減できます。

というわけで、クールビズの時期の長袖ワイシャツを着る方向けに色々と書いてみました。

Sponsored Links

クールビズで長袖ワイシャツを着るなら極力軽量化がカギ!?

とりあえずまずは長袖を着る場合、涼しくは必須の条件ですが、なるべく軽めに着たいところです(ただでさえ長袖で暑苦しく、重たさがあるので)。

  • 襟のカラーステイをとってみる
  • 襟を一枚襟にしてみる
  • 前立てなしのワイシャツにしてみる

襟のカラーステイをとってみる

まず今もっているワイシャツでできることが、襟のカラーステイをとることです。

通常は、襟の裏にプラスチック製のカラーステイが入っているのですが、それを取るだけでも襟の軽さというのが変わってきます。

ワイシャツの金属製のカラーステイ・キーパー

少し高めのシャツとかになると、金属製(多分アルミ)だったりします。

襟を一枚襟にしてみる

そして、これからクールビズ用の長袖ワイシャツを買うぞ!という方には、一枚襟のワイシャツがおすすめです。

別名イタリアンカラーと言って、台襟が無い襟のワイシャツで、襟部分が一体化しているので首回りが少し開放的になります(女性の開襟シャツの襟の形と構造は一緒です)。


イタリアンカラーシャツ メンズ

夏向けのカジュアルシャツの襟の仕様ですが、ビジネスカジュアルシャツでも良く使われる襟の形です。

ただ首の一番上のボタンを留めても通常のワイシャツの襟とは違うので、ネクタイを締めても上まで締まらずにネクタイを締めるのはお勧めできないですね。なので、ノーネクタイでもOKな人向けのワイシャツの襟ですね。

関連記事:クールビズの服装男性の着こなしをおしゃれにする4つのポイント
関連記事:スーツのクールビズの着こなしは涼しさとカッチリ感がカギ!

またクールビズのシャツの襟については↑の記事でも書いているので、時間があるときにでもささーっと見てもらえればと思います。

裏前立てのシャツにしてみる

そして次に裏前立て(フレンチフロント)のワイシャツがおすすめです。↑で言ってるような一枚襟のワイシャツの前立て部分はこの裏前立とはほとんどセットです。


GUY ROVER(ギローバー)コットン ツイル ソリッド ワイドカラードレスシャツ

イタリアのシャツメーカー(ギローバーとか)は、大体この裏前立てにしているメーカーが多いですね。

実際、裏前立てと表前立てのタイプのシャツを着て比較すると、裏前立ては非常に軽さを感じます。

Sponsored Links

クールビズで長袖ワイシャツの暑さ対策するならスリムなワイシャツを選べ!?

そして、↑でも言ってるように一枚襟や裏前立てでも軽やかでかつ涼しく着れるわけですが、暑さ対策をよりするなら、スリムなタイプの長袖ワイシャツを着ることをおすすめします。

というのも、ダボダボのゆとりのあるワイシャツだと、シャツと肌(インナー)に空間ができ暑い空気がこもってしまうからです。ムワッとする感じですね。


スリム タイト 背ダーツ ワイシャツ

なので例えば、後ろ見頃にダーツが入って絞ってあるものを選んだりすると、見た目も細身にフィットして格好良く快適に長袖シャツを着れるはずです。

スリムなワイシャツを着ていてもムワッと暑くなりやすいシャツの素材とは?

ただポリエステル素材が入ったワイシャツは、スリムだろうが関係なくムワッと暑いです(特にポリ混紡の形態安定ワイシャツです)。

シャツの生地の織り方によりますが、通常の平織のポリエステル混紡だと暑いですね。

※もちろん、ポリエステル混紡でもクールマックス素材などは別です。

なので、なるべくならスリムフィットの長袖はコットン(綿)100%のワイシャツを選んだほうが無難な選択にはなりますね。

クールビズで長袖のワイシャツ着るなら色にも気を付けろ!?

後これは少し私の好みも入りますが、色はパステルカラーの単色のワイシャツは避けたほうがいいですね。

半袖ワイシャツ ダサいと思われないおしゃれな着こなし術

理由としては↑の記事でも触れているのですが、パステルカラー単色であれば膨張色ということもあるので、スリムフィットのワイシャツを着ていても締まって見えないのが難点です(少しカジュアル感も出ます)。

ジャケットなどを羽織っていればそこまで目立つものではありませんが、ノージャケットで長袖ワイシャツを単体で着る人は要注意という感じです。

もちろん、ベルトやネクタイなどで濃い色を持ってきて、締めることが出来ればいいのですが…例えば…

  • 薄いブルーの無地ワイシャツ
  • 首はノーネクタイ
  • スラックスはライトグレー
  • ベルトはベージュ
  • 靴もベージュ

みたいな色の組みあわせのコーディネートにすると、色味もマッチして軽量感が合って良さそうなのですが、めっちゃ膨張して見えます。

クールビズのシャツの着こなしは襟が重要?軽やかさが大事?

↑の記事でも触れていますが、淡い色のシャツは夏は汗ジミが目立ちやすいというところもありますね。

どうしても淡い色の長袖ワイシャツを着たい場合

なので、仮に淡い色をどうしても合わせるなら、襟だけを違うシャツ地のクレリックシャツにするだけでも、全体が締まって見えるはずです。

クレリックシャツ

あとは個人的にはストライプでも色がはっきりとしたストライプのシャツを着たりするのもいいですね。イメージとしてはロンドンストライプですね。


白 × ブルー ロンドンストライプ 80番手双糸 クレリック ホリゾンタルワイド (細身) ドレスシャツ

もちろん、↑で言ったようなロンドンストライプのはっきりとしたシャツをボディに、襟とカフス部分だけクレリックにするのもありですね。

まとめ

  • クールビズで長袖ワイシャツを着るなら、イタリアンカラーのフレンチフロントのワイシャツが軽やかでおすすめ
  • なるべくならスリムフィットで余計なゆとりがないタイプのワイシャツを選ぶべし
  • 色はなるべくパステルカラーの膨張色の単色は避ける

私はクールビズの時期はなるべくジャケットを着ずに、半袖ワイシャツで過ごすようにしています。

ですが長袖ワイシャツを着るときは、ここ最近ではニットワイシャツ(ビズポロ)などの素材が楽ですね。

Sponsored Links

この記事と合わせてよく読まれている記事(広告を含む)

このページの先頭へ