スーツのスタイルの種類-それぞれの国で形に特徴あり?

イタリアやイギリス、アメリカなど国それぞれでスーツのスタイルというものがあります。

幸いにも日本ではそういった国ごとのインポートやライセンスブランドの取り扱いがあり、それぞれのスーツのスタイルが楽しめる環境です。

ですので、今回は日本も含めそれぞれの国のスーツのスタイルの種類について色々と書いてみました。

Sponsored Links

イタリアのスーツとブリティッシュスーツのそれぞれスタイルの特徴とは?

スーツのイギリスとイタリアの違いを2つのポイントでまとめてみた

まず初めにイタリアのスーツとイギリスのブリティッシュスーツの違いとしては↑の記事でも触れている通り…

  • 肩パッドが薄くカーディガンのように着るのがイタリアのスーツ
  • 肩パッドが厚く鎧のように着るイギリスのスーツ

というように簡単に書いています。ですが、もう少し細かく言えばイタリアンスーツ、ブリティッシュスーツもそれぞれ二種類にわかれます。

イタリアの2つのスーツスタイル

まずイタリアの場合は、南イタリアのナポリスタイル北イタリアのミラノスタイルと二つに分かれます。

ナポリスタイル

ナポリスタイルの特徴としては、流行り廃りのないスタイルでゴージラインの雰囲気などは後で説明するオーセンティックブリティシュと似ています(元々南イタリアのスーツの仕立て職人の多くは、イギリスのサビルローのスーツ街で働く人が多いことも関係しており、そういったスタイルを持ち帰ったと言われています)。


ISAIA(イザイア)GREGORYグレゴリー SUPER130’sウールサキソニーストライプ3Bスーツ8218M 17152005035

特にジャケットの袖をマニカカミーチャ(雨降り袖)と呼ばれる技法で縫い付けるのが特徴です(すべてのナポリスタイルがその袖つけではありません)。

日本でも有名なブランドとして挙げるなら、イザイアやルビナッチなどですね。

ミラノスタイル

そしてミラノスタイルは特別このスタイルに特徴があるとうわけではありませんが(もちろんイタリア製の柔らかい縫製からくる色気はあります)、ナポリスタイルとは逆に常に流行の最先端をいっています。

スーツの襟の種類は何種類?襟の形を見れば流行が丸分かり?

↑の記事でも言っていますが、ただ少しその反面流行の先を常にいっているので、2~3年ぐらいで襟のゴージラインの角度や高さが変わったりします。その為、ミラノスタイルのスーツは何年前かのものかが分かりやすいのが特徴と言えば特徴ですね。


Belvest(ベルベスト)ウールモヘアトロピカル3BスーツNEW JACKET IN THE BOX A10645 17151002020

ブランドを挙げればベルベスト、コルネリアーニ、ゼニア、カナーリ等の世界的に大きなファクトリーブランドが有名です。

例えば、コルネリア―ニ社はOEMでヴィトンやラルフローレンパープルレーベルなどのスーツを作っていたりします。

イギリスの2つのスーツスタイル

そしてイギリスにも二つのスタイルがあり、オーセンティックブリティッシュとモダンブリティッシュとで分かれます。

スラントポケット

※イギリスで共通して言えるものは、スラントポケットや厚めの肩パッドですね。もちろんスラントしてないホリゾンタルのポケットもあります。

オーセンティックブリティシュ

オーセンティック(保守的な)と名前の通り、元々のスーツの原型がオーセンティックブリティッシュです。スーツが生まれてから基本的なつくりなどが変わっていないため、悪く言えば古臭く見えるスーツですね(個人的には好きですが、好き嫌いは分かれるかも)。

特徴としては胸幅が厚めの作りで、見た目は少し重ためですね。

  • リチャードアンダーソン
  • ハンツマン
  • チェスターバリー

ブランドを挙げるとすれば↑のようなブランドですね。リチャードアンダーソンはハンツマンで修業していたこともあり、スタイルは非常に似ています。

モダンブリティッシュ

モダンブリティッシュはオーセンティックとは反対に、非常に細身に作られているのが特徴のスタイルです。

モダンブリティッシュスーツ

スーツの襟、シャツの襟、ネクタイをナロータイなどオーセンティックブリティッシュと比べ全体的に細く仕上げているのが特徴的です。

  • スペンサーハート
  • ティモシーエベレスト
  • リチャードジェームス

スーツのボタンの留め方2つボタン3つボタンでルールあり?

モッズスーツも細めのイギリスのスーツの部類に入りますが、少しスタイルとしては特殊なため割愛していますが、↑の記事で少しどういったスタイルかを説明しています。

Sponsored Links

フランスやアメリカのスーツのスタイル

またフランスとアメリカそれぞれのスーツスタイルを説明していきましょう。

フランスのスーツスタイル

フランスはどちらかというと、イタリア的な色合いが濃いのでそこまで特徴はありませんが、代表的なブランドを挙げるとすれば、以下の2つのブランドですね。

  • アルニス
  • チフォネリ
アルニス

アルニスのスーツスタイルは非常に特徴的です。

フィッシュマウスラペルと言って、魚の口元に似た襟部分がブランドアイコンになっています。

チフォネリ

またチフォネリなどは非常に特徴的な肩をしているブランドで、エルメスのオーダースーツを手掛けています(既成スーツはベルベスト)。

シャネルのデザイナーのラガーフェルドが、100m離れていてもチフォネリのスーツはすぐに分かるといわれているほどです。

アメリカのスーツスタイル

アメリカのスーツスタイルとしてはジャケットの段返りの3つボタンがアメリカのスーツスタイルのアイコンですね(機能的な用途で生まれたのが段返りです)。

3つボタン段返り

また他にも特徴的なのが0.5cm程度のラペルステッチフックベンツ(ベント)ですね。

ラペルのステッチとフックベント

アメリカントラッドのブランドとしてはJPRESSやブルックスブラザーズなどが分かりやすいと思います。

基本的にコンテンポラリーと言われ、そのときに流行っているスタイルを落とし込んで作っているブランドが多いです(ポールスチュアートやラルフローレン等)。

日本のスーツスタイルはブランドにより違う?

ちなみに日本のスーツスタイルは日本式というものは特にありません(ベースとしては英国からの影響は受けています)。

ただそれぞれでイタリアスタイルのブランド、イギリススタイルのブランド、アメリカスタイルのブランドのようにどこかに寄っている傾向がありますね。

イタリアスタイルの日本のスーツブランド

例えば、分かりやすいのがイタリア的なスーツブランドですね。ブランドの例を挙げると以下のような感じですね。

  • ダーバンオンブラーレ(伊勢丹限定)
  • タキザワシゲル
  • リングヂャケット
  • ミリオーレ


リングヂャケット(RING JACKET)ウールスーツNo.184EH S-168HRT026S14Xネイビー送料無料

ミリオーレやタキザワシゲルはゴリゴリのクラシコイタリアっぽいスーツですが、リングやオンブラーレはミラノやナポリ風の部分を幅広く取り入れている印象です。

イギリスのブリティッシュスタイルの日本のスーツブランド

バタクも含め、オーセンティックブリティッシュという感じですね。

  • バタク
  • 五大陸
  • ド―ランドハウス(三越のプライベートブランド)

五大陸は伊勢丹系になるとピータージョンストンになるのでイギリス寄りというわけではないのですが、本来のブランドもうまく流行を取り入れつつも比較的イギリス的な質実剛健なスタイルです。

個人的には、ライセンスブランドではなく日本ブランドで本格的なモダンブリティッシュのスーツブランドが出てくると面白いですね。

アメリカスタイルの日本スーツブランド

ケントハウスはオーセンティックブリティッシュのようなスーツの扱いもありますが、アメトラ的なものも有名です。

  • ケントハウス
  • テーラーケイド

テーラーケイドは古き良きアメリカンスタイルを体現している数少ないブランドです。

まとめ

  • イタリア、イギリスのスーツスタイルにもそれぞれ二種類ある
  • フランスのスーツスタイルはアルニス、チフォネリなどが独特
  • アメリカスタイルは段返り3ボタン、ラペルのステッチ、フックベントがアイコン
  • 日本のスタイルは、イタリア、イギリス、アメリカそれぞれのスタイルをうまく取り入れている

もちろん、日本のブランドでもそれぞれのに色々なスーツのモデルがあるので、一概にこのブランドはイギリス風、イタリア風と決めつけるのも難儀な話ですね汗。

ただこうやって調べてみると、流行り廃りのないナポリスタイルが日本で人気がある理由が分かるような気がします。

Sponsored Links

この記事と合わせてよく読まれている記事(広告を含む)

このページの先頭へ