入学祝の相場は甥や姪にどのぐらいの金額渡せばいい?

入学祝

入学祝の相場は甥や姪にどのぐらいの金額渡せばいいのでしょうか?

今回は金額の相場とその金額の奇数・偶数について簡単にまとめてみました。

Sponsored Links

相場

基本的に小学生、中学生、高校生、大学生など年齢関係なく¥5,000?10,000が金額の相場となります。

現金にこだわる必要なし

また基本は現金ですが、小学生?高校生までなら図書券などの商品券などでも構いません。

ちなみに私は大学入学の際に、おじさんから現金とあわせて百貨店の商品券1万円分をもらいました。

年齢が上がってくるにつれて現金のほうが喜ぶ傾向がありますね笑。

関係性が深かければモノでもOK?

特に甥や姪と言っても、普段から近所で家が近いなどといった方や関係性が密な方であれば、何かモノを送ったり買ったりしても構いません。

私ではありませんが、大学入学祝いに親戚のおじさんから車を買ってもらった友人もいます。

このケースはかなり特別ですね。モノの場合はあまり金額は関係ありませんね。

偶数は避けたほうがいい?

特にこれは相手にもよるかもしれませんが、渡す金額の頭に偶数がつかないようにしましょう。

祝い事の場合、偶数=割り切れるという意味があまりよくありません。

  • 2は別れを予感させる
  • 4は死を連想
  • 6は無(無に帰す)やろくでなしという意味を連想

8は例外で末広がりの意味を持つのでOKです。

ただ2に関してはどちらかというと結婚祝いの際に割り切れてしまうという意味でNGというだけで、他の祝いごとでは問題ありません。

しかしながら偶数に関しては気にする方も多い(甥や姪本人でなく、親が気にするケースあり)ので、不安であれば積極的に偶数金額を渡すのはやめておきましょう。

Sponsored Links

2万円渡すなら…

またどうしても偶数金額で渡したいという方には、こういった方法もあります。

例えば2万円渡すなら、1万円札1枚、5千円札2枚というように奇数のお札で2万円を揃えるという方法もあります。

お札の数を奇数で揃えているのが縁起がいいということですね。

かくいう私も大学入学の際におじさんから、現金1万円(1万円札)と百貨店商品券1万円分(1000×10)をもらった時にそういった説明をされました。

渡す時期

また渡す時期に関しては諸説ありますが、入学式前の2~3週間前がベストです。

時期としては3月中旬?下旬ごろですね。

遅れてもOK

仮に遅れたとしても4月中に渡せれば問題ありません。そういった時はなるべく現金のほうがいいですね。

私も大学が結構ギリギリに受かったので、入学式の後にもらっています。

大学生の場合は、入学後色々コンパなどでお金を使う子も多いのでその時期にもらえると結構嬉しいですね。

まとめ

  • 現金であれば¥5,000?¥10,000が目安。図書券や商品券でもOK。
  • 割り切れる偶数の金額はできるだけ避けよう。8は例外。
  • 渡す時期はできるだけ4月の2?3週間前がベター。遅れても4月中であればOK。

いかがでしたでしょうか?

私の場合もそうですが、実の姉や兄の子供は遠い場所に住んでるのでこういった節目の時は何かしてあげなければと思いますよね。

参考にしてもらえればと思います。

Sponsored Links

この記事と合わせてよく読まれている記事(広告を含む)

このページの先頭へ