日傘のUVカット効果の期間はどの位持続する?傘の素材でも変わる?

日傘のUV(紫外線)カット効果が持続する期間は何年ぐらいかなぁ?

日差しがキツイ季節、シミやシワの原因となる紫外線は女性の方々にとっては気になるところです。特に外に出ているときは紫外線対策としては日傘は必須ですよね。

最近では女子力の高い男性もいるので、男性用の日傘も売られていますので男性も気になるところなのですが、今回は日傘のUVカット効果がどの位の期間有効なのかについて書いてみました。

Sponsored Links

日傘のUVカットの効果の期間はどの位?

日傘

まず一般的にUVカット加工の種類により、それぞれの日傘の効果が持続する期間が違います。

  • 1年~2年の効果が持続する日傘
  • 2年~4年の効果持続する日傘

1年~2年の効果が持続する日傘

まず1~2年ほどのUVカット効果が持続するといわれているのが、紫外線吸収剤や紫外線反射材などを傘の生地に染み込ませた日傘です。

以前、こういった薬剤を染み込ませた系の雨傘兼用の日傘をクリーニングに出したときに言われたのは、基本ワンシーズン(4月下旬~9月中旬の日差しのキツイ時期を通して使うと)で効果は薄れると思ったほうがいいそうです。

※後述もしますがこういった薬剤を染み込ませた日傘でも期間が過ぎてもUVカットの効果を持続させて使える方法はあります。

2年~4年の効果持続する日傘

次に効果が比較的長いもので、2年~4年ほど効果が持続するのが、表面にUVカットするコーティングをしている日傘です。

ポリウレタンコーティングの日傘

まず傘の生地の部分にポリウレタンコーティング(ラミネート)が施されている日傘ですが、特に傷がついたり皺でコーティング表面に溝や穴ができない限りは、半永久的にUVカットの効果があります。

ただポリウレタンコーティングなどは、ポリウレタン自体が耐用年数が3~4年ほどで、安いものでは開け閉めしているとワンシーズンほどでコーティング面にヒビ※が入りやすいものもあります。

※割れた部分から紫外線が入りやすくなる。

シルバーコーティングの日傘

そして次にシルバーコーティングをしている日傘です。ポリウレタンと同様に経年劣化でヒビ割れが多くなるという特徴もあります。

ポリウレタン・シルバーコーティングともにひび割れたときの見た目が良くないのもありますが、特にシルバーコーティングの場合はシルバー部分が黒く汚れやすいですね。

また折りたたみ傘の場合も、コーティング部分の生地はひび割れしやすく、安いモノであればあるほどひび割れしやすい印象があります。

日傘の効果の期間が過ぎてもUVカットはできる?

ちなみに紫外線反射や紫外線吸収剤の効果がなくなった日傘でもUVカットスプレーなどを使って、外側の生地にスプレーをかけるだけでもUVカットの効果はあります。

Sponsored Links


クラフト お役立ち用品 便利グッズ 布製品にさっとスプレーするだけでUV99%カット!UVロックスプレー

ですのでお気に入りの日傘を捨てる必要もありません。

日傘の効果を期待するなら色は大事

また日傘のUVカット効果は色も関係していて、白色などの明るい色よりも黒色の濃い色がUVカットの効果は高い※です。

実際、UVカット加工をされた日傘でなくても、普通の黒い雨傘だけでも90%程度の紫外線をカットする効果があるといわれています。

※もちろん紫外線反射や紫外線吸収剤やコーティングをしていれば関係ありませんが、先程も言ったように白色等の明るい色の傘の生地のうえに、ポリウレタン・シルバーコーティングされたものがひび割れしていると、全くUVカット効果はありません。

日傘のUVカットの効果の期間は素材でも決まる?

少し触れておくと日傘のそのものの効果の期間は使われている素材でも変わってきます。特に天然素材を使った生地の日傘は以下のようなデメリットがありますね。

  • コットン…生地が縮みやすい→太陽光・可視光線(紫外線)が漏れる
  • リネン…生地が摩擦に弱い→摩擦で生地が薄くなり濃い色でもUVカットにならない

もちろん、こういった天然素材系の日傘はワンシーズンだけしか使わないのであれば、特に問題はありませんが、できれば長く使いたいですよね。

UVカット効果の期間が半永久的な日傘もあり?

最近では半永久的にUVカット効果のある素材を使った日傘もあります。


UVカット率99%以上の晴雨兼用傘 折れにくいグラスファイバー素材の16本骨手開長傘 竹炭無地 52cm A1621

竹炭をコーティングした糸(UVカット加工がある)で生地を作った日傘のようですが、素材もポリエステルの化合繊維に練りこんでいるものなので経年劣化がないのだとか…

正直この辺りは私もまだまだ分かっていないので、使ってみないと分からないですね。

まとめ

  • 日傘のUVカット効果の期間は1~2年のモノと2~4年ほどのモノに分かれる
  • 日傘のUVカットの効果が1~2年のモノでもUVカットスプレーをすれば期間が過ぎても大丈夫
  • 日傘のUVカット効果の期間が長く持つのはポリエステルなどの化合繊維で作られた日傘

ちなみにポリウレタン・シルバーコーティングされたものは、どれもコーティングしている分重たいのが特徴です。

また個人的には、色が明るめの日傘だと照り返しで紫外線の影響を受けるので、避けたほうがいいかなぁと思います。

Sponsored Links

この記事と合わせてよく読まれている記事

このページの先頭へ