日焼け止め使用期限は未開封ならどれ位?期限内でもNGな状態とは?

1年前や数年前に買った日焼け止めの使用期限って未開封ならどの位持つのか?以前購入した日焼け止めを長らく使っていない場合には捨てるのは何かもったいないですよね。

なので、日焼け止めの未開封の使用期限について書いてみました。

また期限内でも使用NGな状態や、仮に期限がギリギリかなぁ微妙に過ぎてるかもというような日焼け止めを持っている方向けに、私はこうやって使ってるよ的なことも書いてみました。

Sponsored Links

日焼け止めの使用期限未開封ならどれ位?

まず日焼け止めの使用期限といっても種類によっても違いますが、未開封なら概ね1年~3年程※といわれています。もちろん、オーガニック系やノンケミカル等はさらに使用期限は短くなるものもあります。

  • 液体タイプ
  • パウダータイプ
  • スプレータイプ

タイプとしては概ね↑の3タイプありますが、どのタイプでも使用期限に変わりはありません。

使用期限が過ぎても紫外線対策の効果は薄れないけど使わないほうがいい理由

とは言っても、この使用期限に関しては過ぎても実は紫外線対策の効果が薄れるというわけではありません。※紫外線吸収剤などは劣化がしにくい。紫外線吸収剤が入っていないオーガニック系は別です。

ただ期限が過ぎた日焼け止めを使うと少し問題なのが肌への負担です。その肌への負担がある理由としては2つあります。

酸化

まず日焼け止めの中に入っている香料や油の成分が酸化します。香料や油成分が酸化してしまうことにより、肌への刺激が考えられます(特に老化)。

雑菌の増殖

そして次に雑菌の増殖です。防腐剤の期限なども同じように3年程度持つように日焼け止めの中に含まれますが、期限が過ぎてしまうと雑菌が増殖してしまう可能性があります。

特に無添加(防腐剤無し)のオーガニックやノンケミカルの日焼け止めだと期限が過ぎてしまうと雑菌が繁殖しやすくなります。

ちなみに開封済みのモノならメーカーなどにもよりますが、3か月~1年を使用期限を目安として考えておくといいです。

Sponsored Links

日焼け止めの使用期限内で未開封でも使用NGな状態とは?

また日焼け止めが使用期限内で未開封でも使用しないほうがいい場合もあります。液体タイプの日焼け止めの場合は、以下のような状態であれば使用は控えたほうがいいですね。

  • 中身が分離している
  • 中身が固まっている

中身が分離している

特に2層タイプのモノではないのに中身が分離している場合です。仮に振って分離しないようであれば使えますが、容器を振っても混ざらない場合は、日焼け止め自体の効果に影響していると考えられます。

ちなみに2層タイプのモノで振っても、分離してしまう場合は使わないほうがいいですね。

中身が固まっている

中身が固まっている場合も、基本は分離と考えは同じで水分と固形(大抵は油分)とで分離してしまっているので、振ったりしても混ざらない場合は使用しないほうがベターです。

ちなみに私の場合、買ったばかりの日焼け止めを真っ黒い鞄の底に2か月ほど気付かずに放置していました、買って多分2か月半ほどで蓋付近が固まり、中身が軽く分離していました。

なので、未開封で使用期限内でも保存状態が悪いと分離したり固まったりすることが普通にあります。

色付クリームの日焼け止めは要注意?

ちなみに以前使っていたオーガニック・ノンケミカル系のベージュ色の日焼け止めクリームは、品質保持期限(消費期限)を少し過ぎたかなぁという位(多分半年程度)だったのですが、保存状態が良くなかったこともあり、腕に塗ってみたところ肌になじみませんでした(粉っぽくなって、色が浮いていた)。

ちなみに腕に塗っていたのですが、シャツにベージュのクリームがついてしまって色が落ちませんでした汗。

買った当初は滑りもよく、肌にもなじみ、粉っぽくなかっったのでシャツに色移りはしませんでした(多分、使用期限ぎりぎりで保存状態も良くなかったんだと思います)。

日焼け止め使用期限が過ぎても使用する場合の工夫とは?

ただどうしても日焼け止めの使用期限が微妙に過ぎてるけどもったいないなぁと思って使いたい場合などもあると思います。

手と足の画像

そういった場合は、足元や手元などの肌の強いところにつけることをおすすめします(もちろん↑で言ってるように保存状態もよく分離や凝固していなければです)。

けっこうたっぷりつけるとなくなります笑。

ちなみに以前に顔用の30ml?のモノ(1年前に買ったもの)を、ボディー用として使ったことがありますが特に問題はありませんでした。

ただ過去にストレスなどで肌荒れした箇所や、顔や首回りなどの肌が弱いところにつけるなどは避けたほうがいいですし、肌の弱い方にはおススメはできませんね汗。

まとめ

  • 日焼け止めの使用期限は未開封のモノなら1~3年はOK
  • オーガニックやノンケミカルのものならさらに短くなる
  • 使用期限内でも中身が分離・固まっていたりしたら使用は避ける
  • 仮に期限内ギリギリの日焼け止めを使用するなら顔や首は避け、足や手などの肌の強い箇所につける

ちなみに使用期限の明記は薬事法の関係で、未開封で3年程度持つものであればメーカーに記載の有無は任されているそうです。

もし記載がない場合は、未開封で3年程度持つという認識でOKです。

Sponsored Links

この記事と合わせてよく読まれている記事

このページの先頭へ