カーネーションの写真

母の日に贈るカーネーションは花の中でも色々な種類の色があります。

しかしながらカーネーションは色・咲き方によって意味合いや花言葉が異なります。

今回は色の意味と咲き方や模様によってどのように違うかまとめてみました。

Sponsored Links

贈るなら赤かピンク

カーネーションの花は全般的に愛情という意味を持っています。

その中でも赤とピンクが母の日に贈るカーネーションとしては最適な意味合いのものです。

  • 赤…母の愛情
  • ピンク…感謝

濃い赤は否定的な意味

濃い赤のカーネーション

ちなみに濃い赤のカーネーションには欲望や哀しみという意味があるので避けましょう。

別の色

  • 白…純粋な愛
  • 黄色…軽蔑・失望
  • 紫…誇り・気品

黄色の花言葉は論外ですが笑、紫もまた母の日に贈る花言葉としてはふさわしくないですよね。

Sponsored Links

白は故人を表している?

白に関してはもう一つ意味があり、「私の愛は生きています」という故人に向けた花言葉があります。

この意味合いはアンナ=ジャービスさんという方が、亡くなった母に、好きだった白いカーネーション贈ったことが始まりと言われています。

以後これが母の日の始まりと言われていおり、このときに赤やピンクを生きている母に贈るという習慣が出来たと言われています。※諸説あり。

ですので白のカーネーションは故人を連想させるので避けましょう。

咲き方や模様で全く違う意味になる

しかし赤やピンクのカーネーションでも咲き方や模様によって逆の意味になってきます。

絞り咲き,まだら,カーネーション

写真のような絞り咲(しぼりざき)やまだらの模様などは、愛の拒絶の意味しています。

※愛の拒絶という理由は調べても分かりませんでした。

大変綺麗ですが、否定的な花言葉になるのでプレゼントするには避けましょう。

まとめ

  • 母への愛情を表すのは赤。感謝はピンク。
  • できれば母の日には赤かピンクを贈りましょう
  • 絞り咲やまだら模様は「愛の拒絶」を意味する

いかがでしたでしょうか?

調べてみると赤とピンクを贈るのがよさそうですよね。

大切な母の日に贈るものなので、色の意味合いや咲き方を理解したうえでプレゼントしましょう。

Sponsored Links