冬のコートっていつまで着れる?大体、春先の寒い時期になると、いつもどうしてたっけなぁと私自身も毎年毎年思います笑。

別に決まりがあるわけではありませんが、そのことについて書いてみました。参考程度に見ていただければと思います。

また花粉症の方は目を通しておいたほうがいいかもです。

Sponsored Links

冬のコートはいつまで着れる?

住んでいる地域※の気温にもよりますが、まず冬物のコートは基本的に4月いっぱいのゴールデンウィークぐらいまでは着ても問題はないと思います。

なんだかんだ5月になるまでって普通に寒いですからね。

※札幌などの方は気温が10度ぐらいでもコート着ない人が多いですよね。

3月までと4月で切り替えるべし

ただ、細かいことを言えば、厚手のウール素材のコートなら3月中旬ぐらいまでならOKみたいな基準を自分は持っています。

例えば、花粉症の方は3月4月だとスギ・ヒノキ花粉などが飛散する時期で、ウール素材のコートだと花粉をはじけません。その為その時期に完全にナイロン素材や張りのあるコットン素材のスプリングコートに切り替えをする方が多いです。※現在は花粉をガードするナイロン素材のスプリングコートも売られています。

私もそれに合わせてというわけではありませんが、3月中旬~4月末にかけてはスプリングコートに切り替えて着ることが多いですね。

特に4月になると、とりわけ新入社員が増えるせいか電車の車内は人が多くなるので、厚手の冬物コートを着ていると通勤だけで汗びっしょりになることって多いんですよね。

個人的には3月や4月にスプリングコートを着ることで心機一転のような気分にもなれますし(色がベージュなどの明るめが多いため)、スプリングコートは秋の微妙な時期にも着れるので、少しお金に余裕があるようであればスプリングコートを着てしまったほうがいいかなぁと思います。

Sponsored Links

冬のコートでダーク系統の色は要注意?

ただ仮に冬物コートを4月に着る際に気を付けなければいけないのが色です。

特にダーク系統の色(黒やネイビーなど)のコートは4月の太陽の紫外線により生地が変色しやすくなってしまいます。

生地が変色してしまう原因は3月と4月の紫外線の強さの違い?

↓の画像を見てもらうと分かりますが、実は3月と4月の紫外線の強さってかなり違います。

日本の3月と4月の紫外線のデータ

4月に一気に紫外線が強くなってしまうために、色がダーク系のモノだと太陽光を吸収しやすくなってしまうため変色(色焼け・色落ち)しやすくなります。

そして日差しも3月と比べ強くなるため、元々繊維にある油分なども軽く蒸発しやすくなります。その為ウールやカシミアなどのコートなどは毛が少しパサパサになってしまい生地が痛む原因にもなります。

その為、ベージュやキャメル光を反射するような色がスプリングコートとして3月や4月に売られているのもあながち間違いではないんですよね(商売的な意味合いが強いですが)。

海外製のコートは変色しやすい?

また特にインポートもの高級品(イタリア製のもの)は、染色の規格が日本と違うため太陽の紫外線で色落ちが比較的しやすく、シーズンが終わった後にクリーニングに出すと色が落ちてることに気付くのが結構多いです。

※俗に言う紫外線の強さ(UVインデックス)は日本とヨーロッパでは、日本のほうが強いためさらに顕著です。

もちろん、変色や色落ちがする理由はそもそもデリケートな生地ということも関係するので4月の紫外線が理由だけではありません。

Sponsored Links

4月以降に冬物コートを着る場合の工夫やNG例などなど

またこういった冬物コートを春先に着るときの工夫や、春先に着ないほうがいいよ的なものを例としてあげてみました。

  • モッズコートやミリタリーコートなどのファーやボア部分は外せるならは外す
  • ファーコートやロングダウンコートなどは着ない
  • ウール素材でもメルトン素材やツイード素材のようなザ冬的な素材を避ける

寒さをしのぐという機能的な側面はすごく無視をしていて、どちらかというと3月下旬や4月末までの微妙な時期でも恥ずかしくないコートスタイルというような感じです。

該当する方はスプリングコート買ったほうがいいかなぁと思います。ベタなのは↓のトレンチ(左)、ステンカラーコート(右)ですね。

スプリングコート

あとまぁ男性でおじさん世代に多いような、足首ぐらいまでの丈のコートを着ないことでしょうか?イメージで分かりやすいのが、ドラマ相棒の杉下右京のようにコートの裾が長すぎるのは春先のコートとしてはNGかなぁと思います。そもそもそういった丈のコート自体が最近売っていない…

もちろん男性であれば、コットンギャバジンのトレンチコート(アクアスキュータムやバーバリーなどが代表的)で裾が長いのはカッコいいですが、それが素材がウールやカシミアになると重たくなるのでやめておいたほうがいいですね。

※今はバーバリーはありませんが、三陽商会がやっている三陽山長やクレストブリッジでも同じです。

まとめ

  • 冬のコートは4月のゴールデンウィークぐらいまでは着れる
  • 3月・4月は花粉の季節なので花粉をガードする仕様のスプリングコートがおすすめ
  • ダーク系統の色のコートは4月の紫外線で変色する可能性あり

ちなみに気象庁のデータで東京は1988年以降は4月に雪は降っていないそうです。3月には意外にも2005年以降は降っていません。

ただ4月の中旬ぐらいまでは最低気温が6度とかは普通にあるので、日差しがきつくなるといってもやっぱりコートは必要ですよね。

Sponsored Links