母の日と父の日を一緒に祝いたい…実家から離れたところに住んでいたり、私の場合サービス業なので就職してからなかなかゴールデンウィークや5月6月など実家に帰れないので、実家の両親(義父母)の母の日父の日のペアで祝うように昔からしています。

基本は贈り物になるわけですが、まとめて祝うなら、二人共通で喜んでもらえるものが必須だなぁと思います。

というわけで、母の日父の日をペアギフトをプレゼントする人向けに簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ちなみに5月や6月にどちらかの月に帰れる年は、家族そろって食事会をしています。

Sponsored Links

母の日父の日ペアでプレゼントするなら毎日使うものがおすすめ?

まずは母の日と父の日をペアでギフトをプレゼントをするなら毎日必ず使うものがおすすめですね。例えば…

  • お箸
  • パジャマetc…

お箸とパジャマ

ペアルック的なもので日常に必ず使うけど、少し特別なモノや高価なものなどは個人的にはおすすめですね(がっつりなペアルックはやめたほうがいいかもしれませんが)。

ペアギフトでNGなのは?

日常で使えるものをプレゼントする理由としては、結局普段使わないものをプレゼントしても使わないことが多くなってしまいます。

現に私の母が祖父母にボケ防止用に母の日父の日をセットで祝うのにiPadをプレゼントしたのですが、結局操作が難しいといって使っていないようです(ちなみにその時に一番月額料金が安いWi-Fiプランも契約しています)。

デジタル系のものは難しいというのもありますが、ライフスタイルに合っていないプレゼントはNGですし、渡してもまったく意味がないなぁと思いました。

母と父の趣味に合わせたものがなおグッド

そういう意味では、母と父が共通でしていることに合わせてプレゼントするのが一番良いですね。

例えば、うちの両親は毎朝1時間ほどウォーキングをするので、二人ともに少し高めのウォーキングシューズなどをプレゼントしました。

Sponsored Links

母の日父の日ペアでプレゼントするなら定番は?

また↑で言ったような生活用品・日常品もいいのですが、食べ物のや旅行のプレゼントなどがペアでプレゼントするなら定番ですよね。

例えば食べ物で果物を贈り物としてするなら、マンゴーやメロンなどら5月・6月に旬を迎える物等いいかもしれませんね。

食べ物関連で困った場合は、日本の各地域のお取り寄せなどをネットでもできるのでそういったサービスを使うのもありです。

楽天グルメ

楽天グルメはこちら

ペアチケットのプレゼントなどもおすすめ

また旅行などよりも少し軽い感じのプレゼントであれば日帰り旅行などもありですが、大相撲の観戦チケットは時期的におすすめかなぁと思います。

ちょうど5月は大相撲の5月場所の時期なので、大相撲の観戦チケットをプレゼントするのもありですね。もちろん5月場所は東京国技館限定なので、その時期に東京で観戦できる人限定です。

4月の第一週から前売り券は発売しているので少し早めにアクションしなければいけないのですが、溜席(通称:砂かぶりで↑の画像の緑の座布団の席)などの席は抽選になるので難しいですね。マス席など後ろの席でも十分楽しめると思います。

日本相撲協会公式サイト

母の日父の日ペアでプレゼント、好みがわからない場合や何でも良いよと言われたら…

また両親の好みがわからない場合など何でも良いよとか言われたら、商品券・ギフト券やカタログギフトなどでもいいと思います。流石に現金を渡すのは気が引けるけど、商品券ならという方も結構多いです。

商品券

特にカタログギフトなどは相手の好みで頼んでもらえるので、外すことはないかなぁと思います。

また旅行をプレゼントしたいけど、両親の足腰が悪く旅行が難しい等。かくいう私が百貨店で働いていた時はそういったお客さんが多く、全国百貨店商品券を買い求める人が多いことにびっくりしました。

特に百貨店の商品券などは有効期限がないのでおすすめです。

またシャディなどでビール券やお酒関連のギフトカードもあるのでそれをプレゼントするのもありですね。

シャディ

まとめ

  • 毎日使うものであれば、パジャマやお箸などの少し高価な生活用品などの日常で使えるもの
  • 旅行や季節の旬のお取り寄せの食べ物は定番
  • 両親(義父母)の好みなどが分からない場合は、商品券やギフト券などでもOK

いずれにしても何か贈るということが重要だと思います。

特に私のように普段遠くで両親と離れて暮らしてると、母の日や父の日って誕生日以外に感謝の言葉を贈るまたとない機会です。

ただ最近は11月22日が良い夫婦の日になっているので、両親を同時に祝う記念日が増えた…と思うのは私だけでしょうか?笑

関連記事⇒父の日の由来は簡単にいうと不公平感から生まれた記念日だった?

Sponsored Links