ウォーキングのダイエット効果や、ウォーキングで痩せるための効果を高める方法をまとめてみました。

これからウォーキングでダイエットを始める方、今現在進行形で歩いてダイエットを実践されている方の気付きになればと思います。

またお腹だけを痩せたい人や、二の腕を痩せたい人など、体の部分箇所だけ痩せたい人にも参考になるかもしれないことも書いています。

Sponsored Links

ウォーキングのダイエット効果はある?

ウォーキングでのダイエットは効果があります。しかしながら即効性はそこまではなく、ウォーキングは徐々に徐々に体重が落ちていきます。

ウォーキングダイエット効果

徐々に体重が落ちていく理由としては、普段から全く運動していない方であれば、まず脂肪を燃焼させるための筋肉が不足しています。※脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要。

単純に太ってきて体重を落とすという目的で運動するのであれば、脂肪を燃焼しやすい有酸素運動のウォーキングは、体全体の筋肉をバランスよく増やしていくので、理想的なダイエットの運動方法です。

ウォーキングは体に負荷がかかりにくい運動

さらに言えば、ウォーキングはランニングやジョギングと比較して体(主に足腰)に負荷が少ない運動の一つです。

特に普段から運動をしていない人がダイエットの為にいきなりランニングを始めてしまうと、翌日すぐに筋肉痛になり、結局筋肉痛で体が痛くてダイエットの為の運動を続けられない人は結構多いですよね。かくいう私がそうでした。

その為、体に負荷のかかりにくいウォーキングはダイエットに適している運動かなぁと思います。

もちろんランニングなど、ウォーキングより体に負荷のかかる運動を続けられれば、それに越したことはありません。

Sponsored Links

ウォーキングでダイエット効果を高める方法とは?

ただウォーキングは他の運動と比べて物足りなさもあります。

ダイエット目的でウォーキングするのであれば、ある程度効果を高めたいところです。

私自身、ウォーキングでダイエットを始めたときに効果を高める方法として意識したのは3つあります。

  • 歩幅を少し大きくする
  • 腕を少し大きめに振る
  • ウォーキング前後にストレッチをする

ウォーキング前後にストレッチをする

歩幅を大きくするや腕を少し大きめに振るなどは、ある程度効果があるのは分かりやすいので説明は割愛しますが、ストレッチに関しては知らない人が多いです。

ウォーキングの前後で違うストレッチをする

ただストレッチと言っても、ウォーキングの前後で違う方法でストレッチを行わなければいけません。

簡単に言うとストレッチには2種類あります。

  • 動的ストレッチ(ウォーキング前に短時間で行うストレッチ)
  • 静的ストレッチ(ウォーキング後に時間をかけて行うストレッチ)

動的ストレッチは筋肉を伸縮させるのが目的で、静的ストレッチは筋肉を伸ばすのが目的です。

運動前に時間をかけたストレッチは厳禁です。筋肉を伸ばしきってしまうと疲れてしまうため、ウォーキングの際に足が攣る原因です。

動的ストレッチ

基本的にどちらのストレッチもやることは一緒ですが、難しく考える必要はなく、時間のかけ方が違うだけです。

  • 動的ストレッチは単純にウォーキングに出発する前に玄関でアキレス腱などを伸ばす程度でOKなストレッチ
  • 静的ストレッチは歩いた後は筋肉が冷えると縮んでしまうので、時間をかけて筋肉を伸ばします

静的ストレッチの効果に関しては、動画を交えて↓の記事で紹介しています。

夜中に目が覚める原因とは?病気だけではない?!

ウォーキング前に軽くストレッチをすることによって、筋肉が伸縮しやすくなり(体温が温かくなるのが早い)、脂肪燃焼しやすくなります。

ウォーキングでダイエット効果をより発揮するのは歩いた後?

ちなみにウォーキングで歩いた後は大抵体が熱いままで、数分~数十分体温が高い状態が続きます。

その時には、筋肉が伸縮しやすい状態(体が温まっている)になっているので、他の運動をやると効果的です。

私の例でいえば、私がウォーキングでダイエットを始めたきっかけが体重が増えたというのもありますが、お腹が出てきたというのが一番です。

その為、脂肪を燃焼しやすいウォーキング直後に腹筋をいつも50回やっていましたが、思いのほか早い段階でお腹がへっこみました。

特にお腹を痩せたい以外にも、女性であれば二の腕が気になるなぁとか、ここの箇所が痩せたい!とう方はウォーキングの後に、軽く違う運動をすると効果的ですよ。

二の腕ダイエットの動画

↓に二の腕ダイエットの動画のように、3分程度で出来るものなどをYouTubeなどから探すとグッドだと思います。

まとめ

  • ウォーキングのダイエットは負荷がかかりにくい運動なので効果は徐々にあらわれる
  • ウォーキングのダイエットで効果を高めるなら必ず運動前に短時間のストレッチをしましょう
  • ウォーキングの直後の体が温かい時間を利用すれば、痩せたい箇所の運動をすれば効果的

いかがでしたでしょうか?

ウォーキングは、普段歩いている道を違った角度で見たりもできるので、個人的にはストレス発散にもなります。

ウォーキングでダイエットするなら時間をかけてコツコツ地道に歩いていきましょう。結果、体の新陳代謝も良くなるので体も太りにくくなりますよ。

Sponsored Links