スーツやジャケットの上着の着丈の目安ってどの位の長さがいいのか?

多少、スーツの襟等と同様に流行によって、0.5cm~1.0cm刻みで着丈というのは変わっていくものですが、ある程度基準があったりします。

オーダースーツ(パターンオーダー含め)など厳密に着丈を採寸する測り方もありますが、見た目で分かりやすい基準などがあるのでそれを紹介しようと思います。

Sponsored Links

スーツの着丈はスーツサイズで大体決まってる?

まず予備知識として、一般的に百貨店やスーツ専門店・量販店で購入できるスーツはJIS規格に沿って、ある程度身長によって着丈などのふんわりとした決まりがあります。

サイズ 着丈(cm) 身長(cm)
3号 69 160
4号 71 165
5号 73 170
6号 75 175
7号 77 180
8号 79 185

※例えば、5号は、Y5・A5・AB5・B5などのことを指します。

もちろんメーカーやブランドによっては、-0.5cm~-1.0cmの場合もあります。概ね5cm間隔の身長で、2cm間隔(ピッチ)で着丈の長さが変わりますね。

個人的には180cmの方で着丈が77cmだと今の感覚だと長めですね。なので、7号や8号サイズの場合、もう少し着丈が短いショート丈にしているスーツメーカーもあったりします。

インポート物のスーツを外国表記で見る場合の着丈

イタリアやフランスのヨーロッパ表記
サイズ ドロップ6の着丈(cm) ドロップ8or7の着丈(cm) 身長(cm)
42 69 68 160
44 71 70 165
46 73 72 170
48 75 74 175
50 77 76 180

※フランスは厳密にいうとワンサイズ違います。ドロップというのはウエストの絞りを表していて数字が大きくなるほどウエストが細くなり、着丈も短くなります。

ちなみにセレクトショップオリジナルのスーツ(日本製や中国製)でも、こういったヨーロッパ表記に無理やり当てはめている場合がありますが、基本的には着丈はほぼ一緒か少し日本人向けに短くしていることもあります。

  • 4号=44=165cm
  • 5号=46=170cm
  • 6号=48=175cm
  • 7号=50=180cm

大体↑のような感じで当てはめているセレクトショップが多いです。

またイギリス製やアメリカ製のスーツが日本で売られているのは稀ですが、サイズによる着丈は非常に複雑です。もちろんアメリカブランド・アメリカ規格でブルックスブラザーズ、ラルフローレン等もありますが、今回は説明を割愛します。

とりあえず、JIS規格の数値とヨーロッパ表記の大体の着丈の長さを覚えておくと便利です。

Sponsored Links

スーツの着丈は目安はお尻が重要?

とは言っても、既成のスーツをベースに着丈を合わせたいところですが、↑で言ってるような5cm刻みの身長(172cmの方や178cmの方等)でない方には少し不親切ですよね。

なので、もし既成のスーツやパターンオーダースーツでスーツを買うときに、この上着の着丈どうかなぁという場合の見た目の基準があります。

お尻のヒップラインで着丈を決める?

まず後ろ姿から見て、お尻が隠れているのがスーツの着丈の見た目としては理想です。

スーツの着丈の比較

ただなるべく着丈を短くしたいなら、ヒップライン(お尻の一番下の線)が見えるか見えないか程度の着丈の長さがいい※ですね。

※厳密に言えばその人の理想のスーツの着丈は、総丈(首から足の長さ)を測ったりもしますが、ヒップラインが見えるか見えないかが簡単な着丈の基準になります。

お尻が半分ほど見えるような着丈の長さは比較的カジュアルな部類のスーツやジャケットになるのでビジネススーツには向きません。海外に行くとゲイ扱いされます(特にフランス等)。

ジャケットの着丈の目安は?

そして、最後にジャケットの着丈の長さに触れておくと、スーツの上着よりも1.0~1.5cm短めがジャケットの着丈の長さの理想です。

関連記事:スーツの袖の長さの基準は2つポイントをおさえておけばOK

例外もあり?

ただ少し例外もあります。普段、厚めの肩パッドが入っているスーツ(特にイギリス系)を着ている場合は、ジャケットの着丈などは数値で見ないほうがいいですね。

というのも、ジャケットの場合は大抵肩パッドを薄くしてるのでその分(0.5cm~1.0cm)肩部分が薄くなるので着丈もその分長くなります。

なので、基本的には↑で言ってるようにヒップラインを基準にジャケットの長さを決めておくと分かりやすいと思います。

ジャケットの着丈の話で関連したことを言うと、海外ブランドの広告で、身長が高く腕が長いモデルが袖丈と着丈を同じにしていることがありますが、腕の短い日本人が同じ長さにした場合などは、非常にアンバランスな着丈の長さになるのでやめておいたほうがいいですね汗。

まとめ

  • スーツやジャケットの着丈の目安はJIS規格で身長で数値が決まっている(ある程度)
  • スーツの着丈はヒップラインで決めるのが一番簡単な目安
  • ジャケットの着丈はスーツの着丈の-1.0cm程度が目安

また色が明るめのスーツ(ライトグレーなど)を買うときは膨張色なので上着が大きく見えるので、普段よりも着丈は1cm短くするのもありだと思います(私自身はめんどくさいのでいちいちしませんが)。

既成のスーツ(吊るし)でも着丈を短くするお直しができますが、フラップポケットの位置とのバランスが崩れるので、せいぜい1.0cm~1.5cmが限界かなぁと思います。

Sponsored Links