Sponsored Links

夏にジャケットをビジネスやカジュアルシーンで着るとなると、どうしても暑い時期にはきついですよね。

とは言っても、それなりにもドレスコードが厳しい職場だとクールビズの時期でも上着が必須というところもあると思います。

なので、そういった方向けに少しでも夏場に涼しく快適に過ごせるように、夏のジャケットの選び方について書いてみました。

Sponsored Links

夏のテーラードジャケットは軽やかな作りのジャケットを選ぶべし!?

まずテーラードジャケットと言っても、ブレザーなどの作りのようなザ・ジャケットだとまぁ夏は暑いです…(肩パッドがパンパンに入っているジャケットは盛夏にはきついですね。

関連記事:ブレザーとジャケットの違いとは?色や素材で変わる?

で、夏専用というわけではないのですが、比較的夏向けに軽量なジャケットの作りをしたものがあります。

  • アンコンジャケット
  • ジャージージャケット

クールビズの服装男性の着こなしをおしゃれにする4つのポイント

詳しくは↑の記事で書いていますが、簡単に言えばジャケットの肩部分に肩パッドが入っておらず、通常のジャケットを工程を端折って軽量化したジャケットです。

パリっとして清涼感があり軽やかな夏ジャケットとは?

ただ軽い感じでジャケットは着たいけど、アンコンジャケットだとかっちり感が出過ぎるし、ジャージー(ニット)ジャケットだと素材感的にソフトすぎるなぁ少し違うなぁという方には、もう少しパリっと羽織れるシャツ地でつくったシャツジャケット等もあります。


【送料無料】サマージャケット マドラスチェックジャケット シャツジャケット リゾート ジャケット テーラードジャケット アンコンジャケット 「ブルー レッド」 「S M L」

アンコンジャケットよりも軽く、ジャージージャケットよりも締まり、コットンジャケットよりも生地が薄めなので、クールビズや初夏の時期、真夏に上着が必要な時はかなり重宝するジャケットです。


【Sacroサ−クロ】シアサッカ−/テ−ラ−ドジャケット/A・S・M(A.S.M)

シャツジャケットの生地はシャンブレーが多く、素材はコットン(綿)にリネン絡めた混紡素材等が一般的ですね。また↑のようなシアサッカージャケットもシャツジャケットと呼べる作りのものが多いです。

Sponsored Links

夏のジャケットとりあえず素材で清涼感と季節感を出すべし!

また少し普段のジャケットから、素材を少し変えるだけでも夏専用のジャケットに様変わりになります。

  • モヘア素材
  • 麻素材

モヘア素材

ウールよりも光沢があり、独特のシャリシャリした生地が特徴の生地です。


TAGLIATORE【タリアトーレ】シングルジャケット 1SMC22K 03UIG078 B3073 モンテカルロ ウール モヘア ホップサック ダークネイビー

特にシャリっとした生地感が涼しげで、実際モヘアのジャケットを着ても通気性があり涼しいです。

なので↑で紹介したジャージー・シャツジャケットだとカジュアルすぎるなぁでも少し夏の雰囲気を出したいと方にはモヘア生地のジャケットがおすすめです(素材もシャリっとしているので、心なしかシャキッとします)。

夏のスーツの着こなしメンズ-色や生地、素材の賢い選び方-

↑の記事でも書いていますが、梅雨の時期等、湿気に弱いのがモヘアの難点なので、暑い時期でも天気が曇りの時はなるべく着ないように心掛けたほうがいいですね。

雨でシワシワになって、生地が波打って戻らないこともあります悲(経験済み)。

麻素材

そして次に麻素材です。

麻ジャケットの着こなしをおしゃれにするには素材感が大事?

麻のジャケットに関しては着こなしも含め↑の記事で詳しく解説していますが、素材に関して少し触れておくとシワになりやすいです。

その為、麻が100%の生地よりも少しウールやポリエステルが混紡されている生地を選ぶとシワもそこまで気になりません。

夏のジャケットは困ったらイタリア生地メーカーのジャケットを選ぶべし!

また↑で挙げているような素材選びはめんどくさい!でもそれなりの夏用のジャケットを着たい!みたいな人におすすめなのがイタリア製の生地を使ったジャケットです。

特徴としては、軽やかな生地の目付(重さ)で通気性もあり、イタリア製特有の綺麗な発色なので、見た目にも重たさが無いのが特徴です(ネイビーとかでもワントーン明るいです)。


LoroPiana ロロピアーナ イタリア製生地 ドメスティックブランド SENTINEL 段返り3ボタン 麻ジャケット メンズ チェンジポケット シルク&麻 三者混 ホップサック 紺ジャケット 春夏 ビジネス&カジュアル【送料無料】68000

個人的には、ポップサックの生地がおすすめですね(粗めに織られていてメッシュ状になっています)。

夏のジャケットに最適なイタリアの生地のブランド

  • ロロピアーナ(Loro Piana)
  • カノニコ(CANONICO)
  • グアベロ(GUABELLO)
  • チェルッティ(CERRUTI)
  • カルロバ・ルベラ(CARLO BARBERA)
  • エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)

特にロロピアーナやカノニコは色々なメーカーやブランドがジャケット生地に採用しているので、値段の幅も広く、百貨店からビームス等のセレクトショップ~量販店まで、色々なお店の店頭に並んでいると思います。

エルメネジルド・ゼニアの夏のジャケット生地は機能性も抜群?

ちなみにエルメネジルド・ゼニアの生地でクールエフェクトという生地があります。


【春夏】【送料無料】【エルメネジルド ゼニア(Ermenegildo Zegna)】【Cool Effect クールエフェクト使用】2釦ネイビージャケット(紺ブレザー)【濃紺系】(ゼニア/メンズジャケット/メンズジャケット/紳士服/クールビズジャケット)

この生地は黒や濃紺などの濃い色の生地でも、太陽熱を反射してなるべくジャケットの中の温度が上がらないように特殊加工された機能性のある夏用の生地です。

金額は少し高めですが、暑がりのかたにはちょうどいいジャケットの生地かもしれませんね。

まとめ

  • 夏のジャケットは軽量化された作りのジャケットを選ぶべし
  • 夏のジャケットを季節感を出すならモヘアや麻がおすすめ
  • イタリア製の生地を使ったジャケットなら生地も軽やかで機能性が抜群

ちなみにモヘアでもなるべく、ウールやポリエステル混紡の生地のジャケットを選んでおいたほうが耐久性はあります。

というのもウールよりもモヘアは伸縮性が無いので、激しく動くと破けやすいのが難点です。なのでなるべくならモヘアにウールを少し絡めた素材選びをおすすめします(そもそもモヘアの混率が多いと金額も高いですし…キッドモヘアなら多少伸縮性はありますが、さらに高額です汗)。

Sponsored Links
Sponsored Links