スーツの袖の長さの基準は2つポイントをおさえておけばOK

スーツの袖の長さやジャケットの袖丈の長さの基準は2つポイントをおさえておけばOKです。

袖の長さの基準って意外とわからないものですが、袖丈が長すぎても短すぎても格好が悪いです。

理想の袖の長さを知っておきましょう。

Sponsored Links

親指からの長さが基準

スーツの袖丈の長さ

基本的には、親指の先端から9cmから12cmのところにスーツ(ジャケット)の袖丈の裾がきているのが理想の長さです。

もちろん親指の長さによるので、個人差はあります。

短くなればなるほどカジュアルになる

袖丈は、短くなればなるほどカジュアルになります。

その為、ジャケットを普段着る方で親指が長い人で先端から14cmぐらいでジャケットの袖丈を決めている人もいます。まぁそういった人はかなりの例外中の例外です。

また左右両方の腕の長さは大抵1cmほどの差寸があるので、スーツをイージーオーダーで仕立てるときや、既成のスーツを買うときなどは左右のバランスを取りたい方はとりましょう。

Sponsored Links

シャツが見えるのがさらにグッド

スーツの袖から1cmシャツが見える

またさらに言えば、スーツの袖丈の長さはジャケットの裾からシャツが1cm見えるのが理想的です。

個人差はありますが、親指から10cmから11cm程度の数値でシャツの袖が見えるようになります。

スーツやジャケット生地は素肌に触れてはならない?

元々シャツは素肌に着るものなので、その素肌に直接触れる部分は、スーツやジャケットの袖の生地に当たってはならないというのがスーツの着こなしの基本です。

もちろんスーツ・ジャケット生地は、肌からデル油や汗で痛むのでなるべくなら、シャツは見えるようにしたほうがいいですね。

特に、汗かきの人や夏にスーツやジャケットを着用必須の方などはシャツが見える袖丈の長さのほうがいいでしょう。

グレー系のスーツなど比較的薄めの色のスーツやジャケットの場合、袖の部分が黄ばみやすくなります。

ダブルカフスなら

ダブルカフス

ちなみにダブルカフスシャツの袖の仕様の場合、カフリンクスをみせたいがためにわざとスーツの袖丈を短くして、カフス部分をみせる人がいます。

こだわりのある人はカフリンクスをすごく高いものをしていますし、ダブルカフスのシャツを着ているなら袖の裾から2cm見せてもいいですね。

Sponsored Links

スーツの袖はお国柄があらわれる

まぁ余談ですが、特にイギリスやイタリアなどではスーツの袖からシャツを1cm程度出すのが当たり前なのですが、ギリシャ人とロシア人は袖がすごく長いです。

その為、ギリシャやロシアなどに輸出されているスーツの袖の長さは、手の甲の中心にかかるぐらいの長さに設定されています(長い!)!

腕を曲げたときにようやく手の甲全体が見えるくらいの長さです。

日本に輸出されているイタリアのスーツのサイズ

まぁこれは私がイタリアのインポートスーツを担当しているときの話ですが、国外向けにスーツを輸出するときにはかなり重要なことです。

ちなみに日本には、イタリアサイズでいうとショートサイズの袖丈のスーツが輸入されています。

これはスーツやジャケットの袖丈に限らず、着丈も短めに設定されたり、シャツなども同じような形式です。

サイズの言い方はこんな感じで言います。覚えておかなくてもいいですが汗。

  • ショート
  • イタリア語でコルト(短い)

  • レギュラー
  • イタリア語でレゴラーレ(普通)

  • ロング
  • イタリア語でルンゴ(長い)

何かの参考になればと思います。

まとめ

  • スーツの袖の長さは親指から9cmから12cmが理想
  • シャツが見えていればなおいい、シングルカフスなら1cm、ダブルカフスなら2cm
  • ギリシャとロシアは袖丈が異様に長い

いかがでしたでしょうか?

スーツの袖の長さは長すぎるのも良くないですが、シャツが見えすぎたら見えすぎたらでツンツルテンになるので気を付けましょう笑。

Sponsored Links

この記事と合わせてよく読まれている記事

このページの先頭へ